スズメバチの巣を駆除するための基礎知識|虫世界に君臨する女王蜂

屋根や排気口などを確認

中年男性

スズメバチは住みやすいと思った場所に巣を作るようにしています。一度作ってしまうと大きな巣を作り、巣を中心とし、大量のスズメバチが飛ぶようになります。山や森なら巣を発見しても大丈夫ですが、住宅周辺や近くの公園などにスズメバチの巣があると危険で外に出ることもできませんし、子どもと遊ばせることもできません。
最悪の場合、窓を開けているとスズメバチが家の中に入ってくることも考えられます。そういった状態になると考えるだけで毎日安心して生活ができなくなるでしょう。
一匹のスズメバチが住宅の近くに飛んでいるのを見かけたら近くに巣ができていると考えることができます。
まずは家の屋根下や排気口の近くに巣が出ていないか確認しましょう。こうした場所には巣が作る傾向があります。飛んでいるスズメバチに気をつけて屋根や排気口などの暖かそうな場所を確認しましょう。発見できるとすぐにスズメバチの巣を駆除してもらえる業者に相談することが大切です。

業者に相談することですぐに現地調査をしてくれます。そこで調査をしてもらい、駆除の必要性を知りましょう。駆除にかかる見積もりもその場でしてもらえますし、高いかなと思ったら駆除をしないという判断もできます。
いろいろなスズメバチ駆除専門業者に現地調査と見積もりをとって決めることも可能です。
またスズメバチ以外でも駆除してくれます。アシナガバチやクマンバチなどの駆除をすることも可能です。蜂の巣で困っているときはすぐに専門家に相談しましょう。